読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

falchionz’s diary

おもに音楽、読書、ゲームについて感じたことや日々の仕事で感じたことをつらつらと記載します。

読書

物流を制するものはECを制する

アマゾンと物流大戦争という本を読んだ。 アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書 495) 作者: 角井亮一 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2016/09/08 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る 2016年現在のEC界隈の動きを、ロジスティクスの目線か…

小説「野火」を読んで

大岡昇平の野火の文庫を読んだ。 野火 (新潮文庫) 作者: 大岡昇平 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1954/05/12 メディア: 文庫 購入: 9人 クリック: 520回 この商品を含むブログ (92件) を見る 全然知らなかったけど、昨年の夏に映画がやっていたようだ。 …

「課長」から始める社内政治の教科書を読んだ

「課長」から始める 社内政治の教科書作者: 高城幸司出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2014/10/31メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る12/11読了。 一番気に入った箇所は第7章「政治」に勝つより大切なこと 「敵が友となる時…

「思考は現実化する」それは理解できたが「目標」が見つからない

思考は現実化する〈上〉 作者: ナポレオン・ヒル,田中孝顕 出版社/メーカー: きこ書房 発売日: 2014/04/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 思考は現実化する〈下〉 作者: ナポレオン・ヒル,田中孝顕 出版社/メーカー: きこ書房 発売日: 2014/04/…

アドラーの心理学

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 作者: 岸見一郎,古賀史健 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2013/12/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (50件) を見る 嫌われる勇気という本を読んだ。この本は「アドラー…

苦しいときこそ、真摯に向き合う姿勢が必要

請負プロジェクト開発のマネージャーという仕事をしていると、 往々にして納期、コストといった面で顧客と社内の狭間で 葛藤する状況に陥ることがある。 そういったときに大切なのは「バランス感覚」だと思う。 顧客に寄り添いすぎてもだめだし、自社の事情…

twitter良い話しからのナポレオンヒル「思考は現実化する」流し(締めはKEMURI)

twitter創業時の良い話。 ツイッター創業者ビズ「僕がツイッターのコードに人間味を付け加えた。」|リーディング&カンパニー株式会社 なんと何人ものツイッターファンがオフィスにピザを届けてくれ、サイトがダウンしているのを責めるのではなく、頑張れと…

チームバチスタの栄光

記念すべき第1回目のレビューは海堂尊の「チームバチスタの栄光」です。 それまであまりミステリーとか読んだことなかった私ですが、 本作をきっかけにミステリー小説にのめりこんでいきました。 また、海堂尊さんはかなり多作(最近は少しゆっくりか?)で…